動物系統学分科の研究概要

動物系統学分科では,主に哺乳類・爬虫類などの陸上脊椎動物について分類学・系統学・形態学・生物地理学・種分化についての研究を行っています.

助教の岡本は,爬虫類の分子系統地理・種分化に興味を持っており,現在は日本列島とその周辺のトカゲ属の生物地理と種分化について研究しています. 当分科には、総合博物館の本川雅治教授が併任スタッフとして参加しています。本川氏の専門は、哺乳類の分類・系統学で,東アジアの小型哺乳類を対象に国際共同研究を展開しています.

研究の進め方としては,フィールドワークによる採集や博物館標本の調査に基づき,形態学的・遺伝学的な手法を用いて,種分類体系,種分化,系統進化,形態進化,変異様式,集団遺伝構造の解明等を視野に入れた分類学,系統学,生物地理学,比較・機能形態学などに関する総合的な自然史学的研究を行っています.研究成果は,新種記載・地理的変異・系統解析・種分化などを取り扱った形で発表されています.

本分科では,人間・環境学研究科 西川研究室と合同で毎週火曜にセミナーを行っています.セミナーでは本分科および西川研のメンバーによる研究発表や文献紹介に加え,外部から演者をお招きすることもあります.セミナーの予定等は,セミナーのページをご覧ください.

現在在籍している大学院生や研究員などが行っている研究については,メンバー紹介のページをごらんください.

この分野の研究に興味があり、大学院への進学を考えている方は、教員までメールしてください。